コーヒー めっちゃ好きやねん

コーヒーの歴史

HOME | コーヒーの歴史種類効能ちょったした知識 | ローストのタイプ | コーヒータイム! |
レギュラーコーヒーとは?
| インスタントコーヒーの発明者 | 管理人 | 相互リンク募集中 | リンク集

SPONSORED LINK



     コーヒーは、エチオピア原産です。 エチオピアは3000年の歴史と伝統を持っている国です。

       エチオピアの中央を走るアビシニア高原に自生していた野生のコーヒーの木に人間が興味を
       持ち始めたのが約1000年も前のことになります。

       なぜ興味を持ったのかは正確には分かりませんが「腹が減ったので何でも食べてみた」とか
       「羊」や「鳥」など動物が食べているのを見て口に入れた・・・なんて説があるようですね。

       記録として登場するのが1000年以上も前のアラビアの文献です。ここでは「」として登場。

       当時は、飲み物としてではなく強心や消化などといった医療用として用いられました。

       一般的に飲み物として利用されはじめたのは16世紀頃のヨーロッパからだといわれてます。


       日本に入って来たのは、江戸時代 寛政9年の長崎出島が有力な説のようです。

       オランダ商人が持ち込んだとされており、丸山の遊女がもらった物の中に「コヲヒ豆一箱」との
       記述が「長崎寄合町諸事書上控」に存在しています。


SPONSORED LINK
 

コーヒー めっちゃ好きやねん [HOME]
Copyright(C) コーヒー めっちゃ好きやねん All Rights Reserved.
プライバシーポリシー  ブラウニー